50代からのライフシフト

CEO秘書とか字幕翻訳家とかライターとかパラレルワークを実践中

副業探しはアンチエイジングに効果あり!?

f:id:margot58:20180621211057j:plain

なんと今年も半年を過ぎました!
大人になると、1年が短く感じますね。

この理由は、諸説あるようです。

 

ジャネーの法則

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。

 

ジャネーの法則 - Wikipedia

 

つまり、アラフィフの私にとっての10年間は5歳児の1年間にあたり、10日間は5歳児の1日にあたるということ。 
うあ~~~~。

 


身体的機能の低下

科学者の一川誠さんは、加齢に伴う身体的機能の低下を要因の1つとしてあげています。

年齢を重ねると、動きが緩慢になることに加え、判断するにも時間が掛かるようになる。つまり、「まだそれ程時間は経っていないだろう」と感じていても、実際の時間は心的時計と比べると早く進んでいるため、あっという間に時間が経った気になるそう。

 

これは実体験だから、もう何も言うまい…。

 

さらに、子供の頃は、運動会や文化祭、遠足や修学旅行など月ごとにさまざまなイベントがあり、毎日、毎年が新しい出来事の連続。しかし大人になると、ほとんどの出来事が経験済みとなってしまい、日々の新鮮さを失います。単調な毎日を過ごすのと、刺激的で楽しいイベントが盛りだくさんの毎日を過ごすのとでは、感じる時間の長さが明らかに違います。

 

子供の頃はワクワクするイベントが多く、「早く明日にならないかなぁ」と、待ち遠しく思っていたもの。
待ち遠しいということは、時間をゆっくり感じるということ。
大人の場合だと、退屈な会議中は時間を長く感じるけど、これも「早く会議が終わらないかな」と待ち遠しく感じているから。

 

 

マンネリ化の回避はアンチエイジングに効果あり

上記の理由をふまえると、初めての体験をしたり、新鮮な毎日を過ごしたりした方が時間の経過を長くとらえることができるようです。

 

私は、副業として、字幕翻訳をしている他、今月からFXとWebライター講座を月1回受講しています。

FXとWebライターは、どちらもまったくの未経験からのスタートなので、本当に脳みそフル回転。もうすぐ流れ出そう…。

でも、おかげで昨日と同じ今日を繰り返す日が少なくなりました。
年齢も職業もさまざまな新しい知り合いもできたし、去年の今頃とだいぶ状況は変化しているなと思います。

 

エステもいいけど、新しいことを始めることも、アンチエイジングには効果があるに違いない、と信じて頑張ってます。

 

 

マーゴのもう一つのブログ

tabi-story.com


旅の話や映画の話などをつづっています。