50代からのライフシフト

CEO秘書とか字幕翻訳家とかライターとかパラレルワークを実践中

ワールドベンチャーズの説明会へ行ってみた

f:id:margot58:20180515214009j:plain

現在、私は、正社員として会社勤めの傍ら字幕翻訳を副業としています。
勤務先は、立ち上げ当初からメンバーとなっている、かなり不安定経営(!)のベンチャー企業
正社員といっても、ボーナスも退職金も昇給もありません。
裁量権だけはけっこうあるけど。


50代おひとり様ということもあり、将来へ向けて複業(パラレルワーク)ライフスタイルを絶賛模索中。

 

少し前の話ですが、複業の選択肢のひとつとして、ネットワークビジネスであるワールドベンチャーズの説明会へ参加してみました。

 

 

ネットワークビジネスとは?

ネットワークビジネス」とは、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)と呼ばれる流通ビジネスの手法。あまり馴染みがないかもしれませんが、合法ビジネスです。

 

一般的に商品を販売するには、問屋や小売店を経由するので、流通コストが発生します。
そのうえ広告費用もかかるので、消費者は、原価の数倍の値段で商品を買うことになります。

 

しかし、ネットワークビジネスは、間に仲介業者を挟まず、CMなどの広告も使わず、消費者自身の「口コミの力」を使って、ダイレクトに商品を販売します。

 

企業側は、この手法により大幅なコストダウンができます。
そして削減できたコストは「口コミ販売」してくれた消費者(ディストリビューター)へコミッション(報酬)として支払われるのです。

 

ちなみに、ここでいう消費者は、そのメーカー(企業)の会員になることが前提です。
一般的に流通している商品・サービスではないので、会員にならないと購入できないというわけ。

ネットワークビジネス企業としては、アムウェイ社が有名ですね。


ワールドベンチャーズとは?

ワールドベンチャーズ(WorldVentures)は、2005年12月10日に設立された会員制旅行会社。本社はアメリカのテキサス州にあり、全世界約28カ国に展開。250万人以上の会員がいると言われています。

 

グーグル先生に尋ねてみると、うさん臭さ満載の記事が数多くヒットします…。

 

実を言うと、私は説明会に参加するまで、というか説明会の途中まで、それがネットワークビジネスの説明会だと思っていませんでした。
「旅を仕事に」というようなネット広告経由で参加申込をしたのですが、その時点では「旅ブロガー」の記事の書き方やスポンサーの見つけ方などの説明会と大勘違いしていました。
説明会の途中で「何か変だな」とようやく気がついた…。

大丈夫か、私?
しかし、おかげで偏見を持たず話を聞くことができたので、まっ、いいか。


報酬プラン

ワールドベンチャーズは会員制旅行会社なので、単純に言うと、会員(消費者)が口コミであらたに会員を獲得すると報酬が発生します。
なお、会員制なので、フィットネスクラブのように入会金(約6万)と月会費(約1万3000円)が必要です。

 

永久的に会員を勧誘しなくても、ある一定数の会員がついてくると、月会費が無料になる他、権利報酬的に自動的に収益が発生する可能性があります。
報酬プランの詳細は、World Ventures Infoというサイトの説明が分かりやすい(たぶん)。

 

説明会の様子

私が参加したワールドベンチャーズのチーム(グループ?)は、「ツキイチで世界を旅しながら年収1000万円を実現する生き方」の著者、横田奈津子さんのチームでした。
会場は都内の貸し会議室、参加者は私を含め30名ほど。

同席していた会員のみなさんは、横田さんのイメージに似た20代~30代女性が多かったです。

 

当日は、横田さんご自身がプレゼンして、その後、質疑応答と個別相談(興味ある方のみ)というスケジュール。

プレゼンの内容は、ワールドベンチャーズの概要や報酬プラン、そして実際にワールドベンチャーズのパッケージツアーに参加したチーム横田の様子。


1時間ほどで、プレゼントと質疑応答が終了。
この後は、興味がある人のみ会員と個別相談し、希望すれば入会手続きができるという流れ。

 

私は、チームの主要メンバーと個別相談をしましたが、しつこい「勧誘」はありませんでした。

 

メリット・デメリット

個別相談後、私はその場で入会手続きをしました。
入会費は約6万円。

 

正直、プレゼン内容を頭の中で消化しきれなかったので、もう少し時間をかけて内容を検討したいと思ったのです。
もちろん、クーリングオフできることを確認。
入会後2週間(20日間だったかも)内なら解約が可能とのこと。

 

メリット:
・ワールドベンチャーズの提供する格安パッケージに参加できる(会員制旅行会社だからそりゃそうだ)
・ワールドベンチャーズの子会社ROVIA(エクスペディアみたいなサイト)を利用して格安でホテルや航空券を予約できる(同上)
・インターネット(SNS)を利用して匿名で勧誘ができるため、友人家族を勧誘して人間関係を壊すリスクがない。

SNSで間接的に勧誘できる点が、素人でもビジネスに参戦しやすいのかも)

 

デメリット:

  • 日本に進出していないため、インターフェースが英語
  • 格安&ゴージャスなパッケージ旅行だけど、現地までの航空券代は含まれず(たとえば、豪華クルージングに格安で参加できますが、現地までは自費ってこと。ただし、獲得したポイントなどを有効利用できれば航空券も無料にできる方法はあるようです。日本に進出したら、状況が変わる可能性もありますね)
  • 国内旅行プランはない
  • そもそもワールドベンチャーズの提案する旅行に参加するヒマがない(ビジネスと割り切ればいいのですが、紹介する以上、一度や二度は利用したいところ)
  • SNSを活用して新会員を獲得するための知識やスキル向上の学習が苦じゃない人じゃないと大変

 

ワールドベンチャーズが提供する旅行は、「1泊5万円はするパリの豪華ホテルに、6万円で4泊もできる!」みたいに、「プチセレブ体験」を謳ったプランやリゾートプランが多い印象。
旅好きな人は、旅に対するこだわりもあると思うから、この辺は好き嫌いが別れるところ。

 

感想

私は考慮の結果、2週間で退会しました。
退会手続きも返金手続きもスムーズで問題なし。

 

退会したいちばんの理由、それは…

 

“報酬プランや仕組みがよく理解できなかったから”

 

入会するとメンターの方がついて、分からないことは質問できるし、チーム内で勉強会も頻繁に行われているようです。

しかし、私は、説明会の途中で「もしかしてこれはネットワークビジネス?」とようやく気がついたポンコツぶりなので、この先、勉強会に参加しても理解できる日が来るとは思えなかった…。

昔から、「ポイント」とか「ステージ」みたいなワードが入るプランを正確に理解できたことがないのです。

 

根本的・致命的な脳の欠陥を別として、少なくとも現時点でこれを副業にできないと思った他の個人的理由は以下のとおりです。

 

  • ワールドベンチャーズが提案する旅行プラン(商品)に関心が持てなかった
  • SNSを使っての勧誘は、それなりに労力と集客スキルの習得が必要(そこに時間と熱意を向けられそうになかった)

 

とはいえ、一概にワールドベンチャーズや他のネットワークビジネスがダメと結論づけているわけでもありません。

 

向き不向きがあるだけだと思います。

 

それはどんなビジネスだって同じこと。

たとえば、Aさんは経理の仕事が楽しくて天職と思っていたとしても、Bさんにとっては耐えきれないほどつまらないかもしれません。

また、同じ経理の仕事でも、小売販売業者の経理と製造会社の経理では違いもあるでしょうから、それも向き不向きがあるでしょう。

 

私自身、他のワールドベンチャーズのチーム、たとえば自分と同年代のチームを経由して入会したら、違う結果だったかもしれません。
もしくは、別のネットワークビジネスならできる可能性だってあります。
驚いたことに、日本国内だけでもネットワークビジネスの会社は1000社以上あるらしい。

 

もし興味がある方は、クーリングオフがあることをしっかり確認したうえで、試してみてもいいと思います。

 

ネットワークビジネスは、サイトで検索すると悪評が多いですが、当然ながら、その多くはうまくいかなかった人(不向きだった人)の意見、もしくは未経験者の意見なので、そのまま鵜呑みはできません。

 

横田奈津子さんの「ツキイチで世界を旅しながら年収1000万円を実現する生き方」も読んでみました。

ネットワークビジネスについては触れていませんが、ワールドベンチャーズが提供しているパッケージ旅行を垣間見ることができます。ご参考まで。