50代からのライフシフト

CEO秘書とか字幕翻訳家とかライターとかパラレルワークを実践中

字幕翻訳ってどんな仕事? その1

f:id:margot58:20180421140857j:plain

私は、副業として字幕翻訳の仕事をしています。

年齢制限なく在宅でできる仕事なので、40代50代になってから目指しても遅くはないと思います。私自身、デビューしたのは50代になってから。

 

どうやったら字幕翻訳家になれるのか、実際にはどんな仕事なのかを紹介します。

副業や定年後の仕事として検討される方の参考まで。

 

 

 求められる英語力は?

 もちろん英語力がある方がいいです。

特に日本映画に英語字幕をつける日英翻訳なら、ネイティブレベルの英語力が求められるでしょう。

 

私は英日翻訳をしていますが、英語力は中の上程度かな。

まだまだ英語力は不足していると実感する日々です。

 

TOEICを基準にすれば、800点以上あった方がいいと思います。でも、私もそうですが、通訳と違い、(大きな声では言えないが)リスニングとスピーキングに全然自信がなくても、そこそこ仕事はできます。

極端な話、英語力がない40歳の人でも、今から英語を勉強すれば50歳前にデビューできるのでは?

 

念のために言うと、ほとんどの映像作品には「英語台本」があります。

英語台本がなく聞き取りが必要な案件もあるけど、それは私以外の人がやってくれる 笑。

 

いうまでもなく、英日・日英どちらの翻訳もできて、なおかつ通訳もできれば、ぐんと仕事の幅は広がります。

 

どうやったら字幕翻訳家になれるのか?

 字幕翻訳家になる道は、実にさまざまです。

なろうと思ったわけじゃなくて、映画業界で働いているうちに担当するようになった、なんて話も聞きます。

 

でも、業界未経験で40代以降から字幕翻訳家を目指すなら、スクールに通うのが王道。

映像字幕翻訳には独自のルールがあるので、独学はちょっと難しい。自宅近辺にスクールがなければ、通信教育という選択肢もあります。

 

字幕翻訳家養成コースのある翻訳スクールのほとんどは、スクール運営とは別に自社で外部から翻訳を請け負っています。つまり、自社の翻訳者として活躍してくれる翻訳者を養成しているわけです。

 

スクールに通う期間と費用は?

 スクールにより多少の差はあるものの、修了するまで1年半程度。

基礎、中級、上級レベルの各半年コースを設けているスクールが多いです。

もし、基礎コースを半年間受講した後、「ちょっと向いてないかも」と思えば、そこでやめてもいい。

 

受講料は、各レベル(半年)で12万~18万くらい。

 

どこのスクールも説明会を行っています。

会社に勤めながら通学するのであれば、費用や開講日(平日夜や土日など)の他、課題の量も気になるところ。

せっかく受講申込しても、欠席が続いたり、課題をこなせなければ意味がない。

スクール修了後の進路(仕事の紹介制度)と併せて要確認です。

 

字幕翻訳家としてデビューするには?

 スクールの全課程が修了すると、トライアルを受ける資格が得られます。

トライアルに合格すると、はれて翻訳者としてその会社に登録され、仕事が発注されることになります。

 

トライアルは、翻訳会社(スクール)によって実施方法が異なります。

私は、2つのスクールに通った経験があります。

最初のスクールも悪くはなかったけど、いろいろ考え、他のスクールに途中か編入させてもらいました。

最初に通っていたスクールの場合、トライアルは、年1回で受験料1万。

次に通ったスクールは、隔月毎に実施、受験料3000円。

 

トライアルだけみると、2校目の方がデビューのチャンスが多いですね。私も最初は不合格でしたが、翌々月、2度目のチャレンジで合格できました。

 

次回は、実際の仕事の実態などをご紹介しますね。