50代からのライフシフト

CEO秘書とか字幕翻訳家とかライターとかパラレルワークを実践中

購入派? 賃貸派? おひとり様の住宅事情

昨年、マンションを衝動買いしました。

 

自分でも驚きの展開。

 

 おひとり様のマンション選び(東京編)

 事の始まりは、引っ越しをしようと思ったこと。

それまで住んでいた部屋に特に不満はなかったものの、引っ越し好きの私にしては、長く住み過ぎた感があり、新しい部屋を探し始めたのです。

場所は決めていたのですが、なかなか家賃と部屋の広さの折り合いが合わず…。

そんな時、お世話になっていた不動産屋さんの「購入する気はないの?」という一言で、視点を変えてみることにしたのです。

 

ここからが怒涛の展開となりました。

 まずは、「女性のためのマンション購入セミナー」なるものに参加。

 

希望に添った物件を紹介してもらう。

 

物件のモデルルームを見学。

 

購入決断!(早いっ!)

 

 

先の不動産屋さんからは、事前に以下のようなアドバイスをいただいていたのですが、その条件に合っていたのが即決できた理由です。

 

ちなみに東京の単身者用(コンパクト)マンションについてのアドバイスです。

 

1.        都心に買え

2.        最寄り駅は徒歩5分以内(10分はダメ)

 

その理由は、単身者用のマンションなら、上記の条件を満たせば「売れる」し「貸せる」そうです。

 

なるほど。 流動性が大事ということですね。

 

飽きっぽくて引越しが好きな私にとって、マンションを購入するということは、ローンが支払えるかどうか問題の他に、「死ぬまでそこに住むの?」というプレッシャーがありました。

でも、購入したマンションには「売る、貸す」の選択肢もあると思えば気が楽に。

 

万一、死ぬまで住んだとしても、上記の条件であれば、足腰弱った老後であっても便利に暮らせそうです。

 

マンション購入を決めた理由がもう一つ。

フリーランスは、ローンを組めないから家を買うのが難しい」という話を耳にしたから。

ローンやクレジットカードの申請は、(収入が安定していると思われている)会社員の方が圧倒的に有利なんだそうです。

 

「会社員=安定した仕事」なんて概念は、崩壊の一途をたどっているようにしかみえませんが、人には(企業には)それぞれ理由も信念もあるので仕方がありません。

 

会社を辞める可能性が高いので、買えるうちに買っておくのもいいかな、と。

 

 お金がなくてもマンションは購入できる

 「マンションを購入した(しかも都心)」と言うと、お金を持っている、と思われます。

 

私もそう思っていました。

 

でも、今の時代、それほどお金がなくても購入できる、ということを今回知りました。

 

年齢の割に貯金額も年収も少なかった私。

まずは「毎月のローン返済額は、現在の家賃(管理費含む)と同じ」という条件でシミュレーションを作成してもらいました。

 

結果、

私のローンの返済終了は79歳!!

 

………………………。

 

ローン返済完了どころか生きているのかも怪しいのにローンが組めました。

銀行って怖い…。

 

でも、なにやら79歳までは間違いなく生きていられるような気もしてきました。

 

そもそも賃貸と購入のどちらがいいのか

 ネットや書籍で調べれば、さまざまな意見が飛び交っています。

 

私の考えは、「どちらでもいいんじゃないか」です。

テキトーな意見と思われるかもしれませんが、本当にそう思っています。

 

マンション購入に限らず、何事にもそれぞれメリット・デメリットがあります。

でも、私にとってメリットと思えることが他人にとってはメリットと思えないこともあるし、他人がデメリットと感じる部分が私にとって気にならない場合もある。

 

フィナンシャルプランナーなどプロの方の意見を参考にするのもいいと思います。

しかし、彼らがあなたの人生を最後まで責任もって面倒みてくれるわけではありません。

 

結局、他人基準ではなく自分基準で判断するしかない。

 

将来のことは、ある程度予想はできても確実なことはわかりません。

たとえば、資産価値が上がるのか下がるのか。

79歳まで生きているのか死んでいるのか。

毎月返済できるのかできないのか。

 

ただ50歳を過ぎて、これまでの経験上いえることがあるとすれば、「損得ではなく、ワクワクするかしないか(ときめくかときめかないか)」で判断する方が、人生うまく流れるということです。

これは、かの収納アドバイザー、近藤麻理恵(こんまり)さんの片づけ方法と同じ。

でも期待はしないこと。

ただ、淡々と自分の気持ちに従うことが大事だなと、最近になって思います。

 

マンション購入してよかったこと

「お金」について、真剣に考える機会を得ました。

それまで、複数の口座になんとなく貯金していたお金や以前の勤務先のストックオプションなど、いったい自分の資産は総額いくらなのかを知らなかった私。

 

この機会に、少し口座や株を整理し、また今後のローン返済計画も踏まえ、自分のお金について考えるようになりました。

 

もうひとつよかったことは、新しい友人ができたこと。

入居者管理組合の総会で、という地味な出会いです。

マンションを購入しなければ出会わなかったかもしれない人。

私より若いおひとり様の彼女と、ときどきのんびり互いの部屋でお茶するのが楽しみなのです。

f:id:margot58:20180415160501j:plain